es sei denn をきちんと使えますか?

最終更新: 1月13日

es sei denn はどうやら意外な落とし穴のようなです。中には逆の意味で理解している人もいるようですね。

es sei denn は形式的には sein の Konjunktiv I(接続法第1式)を含む文なのですが、そのひとまとまりで接続詞として機能します。通常「ただし、...の場合は除く」「...でない限り」と訳されます。außer wenn で言い換え可能です。


例:

Ich koche heute Abend, es sei denn, du hast keinen Hunger =Ich koche heute Abend, außer wenn du keinen Hunger hast (今夜は私がご飯作るわよ。あなたがお腹空いてないというなら話は別だけど) Im August fahre ich nach Italien, es sei denn, ich habe nicht genug Geld. = Im August fahre ich nach Italien, außer wenn ich nicht genug Geld habe. (私は、お金が足りないというのでない限り、8月にイタリアへ旅行します。)


Es sei denn の後に否定形が伴わない場合は、wenn nicht でも言い換えられます。 Wir gehen heute spazieren, es sei denn, es regnet den ganzen Tag = Wir gehen heute spazieren, wenn es nicht den ganzen Tag regnet / außer wenn es den ganzen Tag regnet (今日私たちは、一日中雨が降るのでなければ、散歩に行きます)。 es sei denn, dass と副文を従えることもあります。意味は上述の es sei denn + 主文と同じです。

Im August fahre ich nach Italien, es sei denn, dass ich nicht genug Geld habe. 一説によると、es sei denn, (dass) の方が außer wenn よりも起こる可能性が低いことを表すようです。 日本語の「~でない限り」も若干「~でない場合」よりも事象が起こる可能性が低いニュアンスがあるように思えます。 ただ、außer wenn でもKonjunktiv II(接続法過去)を伴えば同じように非現実性を表すので、一概には決めつけられませんね。


ausgenommen (dass) という言い方も同じように使えます。

例:

Wir gehen heute spazieren, ausgenommen es regnet den ganzen Tag.


サイト会員になると無料メルマガ「Mikakoのドイツ語通信」とブログの更新情報の通知をお受け取りになれます。ぜひご登録ください!

498回の閲覧

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

応援する

© 2019-2020 by Mikako Hayashi-Husel. Proudly created with Wix.com